自社開発リソースを使って、
効率的なシステム開発を行ったケース

背景と抱える問題

D社は中堅のSIer。ある日、クライアントから低コスト短納期でのシステム開発提案を求められました。そこでF-RevoCRMをシステム開発のプラットフォームとして採用すると低コスト短納期が可能になると考え、クライアントに提案しました。

しかし、開発リソース(技術者)はいるものの、F-RevoCRMについてのノウハウがありません。開発を進める上で、ソースコードの解析や機能面の調査など開発を始めるまでに多大な工数が掛かります。しかも不明な点や不具合が生じた際に、調査の手段(海外の英文サイトなど)が限られるという懸念もあります。

  • 開発リソース(技術者)はいるが、F-RevoCRMについてのノウハウが無い
  • 開発を進める上で、ソースコードの解析や機能面の調査などに
    多大な工数が掛かる
  • 不明な点や不具合が生じた際に、調査の手段が限られる
    (海外の英文サイトなど)
arrow_down

対応と成果

このケースでD社は以下の施策を推進しました。

  • 自社開発メンバーにF-RevoCRM技術研修会を受講させ、
    F-RevoCRMの特長や全体像を把握
  • 開発期間中やシステム運用開始後も、随時問合せできる
    技術支援サービスを活用

成果は大きく、以下の結果となりました。

  • 開発効率が劇的に向上し、クライアント予算内での開発・納品に成功
  • 社内にノウハウが蓄積され、F-RevoCRMを活用した
    システム開発の受注件数増加
arrow_down

活用したサービス

  1. F-RevoCRM 技術支援サービス