fbpx

CRMを活用した営業業務の管理法

CRM活用で多忙な

営業業務の効率化に成功したケース


CRMとSFAってどう違うの?という質問をよく耳にします。
簡単にいうとSFAは営業業務に特化したツールであり、CRMは顧客管理の視点で管理するツールです。
F-RevoCRMにもSFA(営業支援)の機能を搭載しています。まずは営業間の課題からF-RevoCRMで解決できることをご紹介します。





課題  多忙なスケジュールの中多くのタスクをこなす営業は管理も後回しに…


営業担当者は商談だけでなく様々な作業を行っており、多忙なスケジュールの中多くのタスクをこなしています。
その上、売上の報告書・進捗状況をまとめた日報作成などの事務作業が加わると業務時間内に終業するのも難しい状況に陥ってしまいます。
また、営業マネージャーの場合、各営業の売上や進捗を報告する際
  • 各営業の進捗情報を取りまとめ
  • 報告用のレポートの作成・報告
  • 今後のスケジュールを各営業へ通達
など、事務的な業務を行うことに多くの時間を割いてしまいます。

顧客情報を業務ごとに管理している様子


解決! F-RevoCRMで営業にかかわる情報をすべて管理


ではこのような問題をF-RevoCRMでどのように解決できるのでしょうか。

営業の顧客情報や案件などの管理方法

顧客情報画面からその顧客に関連する案件・活動予定(実績)の登録画面に遷移できます。
担当営業は、該当顧客に紐づけて顧客側の担当者や案件、活動予定などを登録することができます。
確認する際も顧客ごとはもちろん、担当営業や案件など、様々なフェーズで確認することが可能です。
顧客管理画面

報告書や日報作成

日報作成する際は、日付を選択してコメントを入力し保存ボタンを押すだけで、その日の活動や、更新履歴を紐づけて簡単に作成することができます。
報告書も用意しているフォーマットを選ぶだけで作成完了。さらにフォーマット自体を作ることもできるので、より具体的な報告書が作成可能です。
顧客管理画面

他機能との連携もスムーズ

顧客情報画面から案件・サポート・請求情報など、あらゆる情報を紐づけて管理できます。
例えば、ある顧客の過去の購入履歴や、キャンペーン情報、問合せ情報などの確認ができるので、
顧客ニーズや要望などを提案に取り入れることが可能です。
顧客管理画面



成果 情報共有で営業業務を迅速に処理!


顧客満足度アップにもつながる

F-RevoCRMは営業支援(SFA)としての機能はもちろんのこと、顧客単位で情報を共有されるため、
・サポート部門からいただいた顧客の要望を受けサービスの変更を提案
・マーケティング部のニーズもとに新たな案件の提案
のような、提案機会が広がります。

さらに、迅速な見積り修正や注文・請求書の発行が可能なので顧客満足度向上にもつながります。



CRMを試してみたい方におすすめ!


F-RevoCRM SaaSは、F-RevoCRMのスタートアップサービスです。 ExcelからCRMへシステム移行をご検討中の方はもちろん、「CRMってどんなシステム?」「CRMって何ができるの?」という方もぜひご覧ください!

F-RevoCRM SaaS紹介ページ


関連記事

F-RevoCRM導入事例 業務効率化




F-RevoCRMについての


資料請求・トライアルお申込みはこちらから