fbpx
2014年12月9日

よくあるご質問


導入検討からご利用のお悩みまで、
F-RevoCRMの疑問・質問についてお答えしています。


+

CRM(Customer Relationship Management)は、一般的に顧客関係管理といいます。「顧客志向の会社が、顧客との関係づくりを適切に行う為のマネジメント手法」と表現することができます。≫詳しい解説はこちら

+

システムで管理したい情報が異なります。管理する情報が対お客様(顧客)ならばCRM、対社内業務(営業)ならばSFAといえます。≫詳しい解説はこちら

+

オープンソースとはソースコードが開示されているソフトウェアのことです。​
カスタマイズが容易で、様々な業務に合わせたかたちに出来ることが特長です。​
F-RevoCRMはこれらの特徴を活かし、ライセンス費用の掛からない低コストかつ、拡張性と適合性の高いソフトとなっています。

+

FRはF-RevoCRMとは、ライセンスフリー&高機能なオープンソースCRMソフトウェアです。
オープンソースはカスタマイズが容易で、様々な業務に合わせたかたちに出来ることが特長です。​
F-RevoCRMはこれらの特徴を活かし、ライセンス費用の掛からない低コストかつ、拡張性と適合性の高いソフトとなっています。

+

セミナーや展示会等を管理する機能から、顧客・案件管理といったSFAの機能、見積書作成や受発注、請求書を管理する販売管理と顧客対応のプロセス全体をカバーすることができます。
さらにお問い合わせやクレーム、契約管理、保守サポート機能もご利用いただけます。利用できる機能は多いですが、実際の業務に合わせて必要な機能のみ選択して、シンプルスタートできます。
≫詳しくはこちら。

+

F-RevoCRMを導入することで下記のような効果が期待できます。​
・ITの運用コストダウン​
・業務効率の大幅アップ​
・売上の活用​
・経営での活躍
詳しくお聞きになりたい方は、お問い合わせください。

+

F-RevoCRMのダウンロードは2万社程あり、業種業態規模を問わず、幅広くご利用いただいております。
また、シンキングリード社が導入やカスタマイズをご支援した企業は約200社程あります。
インタビュー記事や導入事例を掲載しておりますので参考にされてください。
導入事例をまとめた資料もご準備しておりますので、お気軽にお問合せください。≫詳しくはこちら。

+

お客様のビジネス課題を解決する為のコンサルティングや、F-RevoCRMの設計、設定の支援、トレーニング(導入設定サービス)、カスタマイズ開発、システム連携開発の他、保守や技術支援といったサービスなどのビジネスをしています。

+

ソースコードを利用者自身が管理できる事が一番大きな違いです。導入初期に掛るコストも大幅に違いますが、導入後もパッケージソフトの場合、追加カスタマイズなどで莫大な費用を請求される事があります。ソースを自分達で管理できない為、たとえ不満があったとしてもベンダーを切り替えることができません(ベンダーロックイン)。オープンソースのF-RevoCRMであれば、ベンダーを変更したり、自分達でカスタマイズする事も可能です。

+

F-RevoCRMはIPA(独立行政法人情報処理推進機構)の​「安全なウェブサイトの作り方」に基づいたセキュリティ対策を行っております。​
また、運用面においてもカスタマーサービスをご利用いただくことによってサーバー運用からヘルプデスク、不具合修正まで幅広くサポートすることが可能です。
また追加オプションとして標準では対応していない機能(シングルサインオン等)も​ご要望がございましたら対応可能となっております。
まずはお気軽にご相談ください。

+

活用方法や、ケーススタディなどを掲載しておりますので、ご参考にしてください。
活用方法は≫こちら。
ケーススタディは≫こちら。
またテレビ会議などでご紹介も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから。

+

はい、BtoC企業様でも問題なく活用して頂くことができます。≫BtoCでの活用例はこちら

+

はい、ございます。ケーススタディに他社からの乗り換え事例を掲載しています。≫詳しくはこちら。

+

はい、可能です。ご希望であれば導入の際にデータ移行の依頼も有償にて承っております。
データが出力できるシステムであれば、どのようなシステムでも移行は可能です。
既存システムからの移行事例も多くございますので、まずはお気軽にご相談ください。

+

はい。可能です。googleカレンダーの他にoffice365との連携実績もございます。
オプション機能としてご用意しておりますので、まずはご相談ください。

+

はい、できます。
連携実績としては「Curumeru(クルメル)」があり、メール配信連携オプションとしてご用意しております。
詳細な仕様等お聞きになりたい場合はぜひお問合せ下さい。
>>≫連携イメージはこちらから

+

SaaSプランの場合は下記のような料金体系となております。その他のプランについては、お問合せください。
参考記事は≫こちら。

費用について詳しくお聞きになりたい方は、ぜひお問い合わせください。

+

SaaSプランでのサポート内容は下記となります。その他のプランサポート内容につきましてはお問い合わせください。

【サポート内容】
・初期設定支援
・ヘルプデスク
・patchの適用
・不具合修正
・運用後の項目設定支援
・運用ルール相談
・サーバー運用

+

可能です。シンキングリードはもともと業務改革のコンサルティングから創業した会社です。CRMの各領域(マーケティング、営業、保守)に応じたコンサルティングを実勢しております。

+

シンキングリードは、「業務コンサルティング」からスタートしたため、「システム構築」でも業務コンサルティングで培った力を発揮します。また、シンキングリードのスタッフは「フルスタックエンジニア」※であるため、直接問題や課題をエンジニアに伝えられるため高い品質と短時間でのシステム開発が可能です。お客様の抱えている問題を解決するためにも会社規模ではなく本当の技術力でご評価いただければ幸いです。※サービス開発、プロダクト開発、要件定義、システム構築、カスタマイズ、保守などの一連の作業をこなせるエンジニア

+

はい。BtoC企業様であっても全く問題なく活用することができます。<<詳しくはこちら。

+

導入して効果が出た一部の例を導入事例としてご紹介していますが、もちろん効果が出なかった例もございます。一番多いケースとしては、「システム導入なのに、『意識改革』が前提となっている」ケースです。>>詳しくはこちら

+

一番多いケースとしては、「システム導入なのに、『意識改革』が前提となっている」ケースです。システムを導入しただけで、属人的な営業から組織的な営業に変わるわけではありません。システム導入をきっかけに徐々に全体の意識が変わっていく可能性はありますが、それを前提にシステム導入すると、まず失敗してしまいます。

ページトップへ