fbpx
2020年6月18日

F-RevoCRMで「問い合わせ管理」をもっとスマートに


問い合わせ管理でこんな経験ありませんか?

  • 対応漏れや重複対応が発生してしまった
  • 対応スタッフ間の引継ぎができていない
  • 対応するスタッフによって返信内容が異なる
  • 複数の媒体からの問い合わせに対応が間に合わない
  • スタッフの教育・研修に時間がかかる上にフォローが行き届かない
  • 問い合わせ対応に時間がかかる

こんなお悩みがある方へ・・・F-RevoCRMでは「サポート依頼」機能で解決致します!

問い合わせ情報のQ&AをDB化

お問い合わせ管理には、F-RevoCRMの「サポート依頼」をご活用ください。
顧客からの問い合わせやクレーム情報をチケットとして管理できます。​
問い合わせ内容を関係者にエスカレーションしたり、進捗管理により対応もれを防止できます。​
回答例をナレッジとして蓄積し、社内での情報共有を強化できます。
登録された問い合わせ情報は様々な切口から検索が行えますので、業務の効率化を図れます。

F-RevoCRMを活用した「お問い合わせ管理」のイメージ

使用例

お問い合わせ受領後はすぐに対応履歴の登録!

お客様よりお問い合わせきたら、『サポート依頼』画面にてお問い合わせの登録をしましょう。
すでに顧客情報が登録されていれば簡単操作で呼び出せます。用件を入力し、ステータスを設定。
登録したお問い合わせ内容は一覧表示ができ、お客様ごとのお問い合わせの抽出や並び替えが可能です。

お問い合わせ受領時の絵

 
お問い合わせ対応完了までの詳細を履歴で残すので、ノウハウの情報共有もバッチリ!

お問い合わせ内容を登録すると、他の社員からの閲覧や編集が可能になります。
お問い合わせ内容や対応方法の詳細な履歴を蓄積することで、ノウハウとしてご活用いただけるだけでなく
業務の引継ぎも、まとめる時間をかけずスムーズに行えます。
また、マネージャーの進捗確認や専門部署による二次サポートの体制も容易になります。

情報共有の絵
 
登録したノウハウはQ&A集としてレポート出力ができる!

サポート依頼へ登録したお問い合わせ履歴は、条件付きのレポート出力が可能です。
受付担当者ごと、またはカテゴリやステータスごとにお問い合わせ履歴を抽出しレポートを作成できるので、
マネージャー報告の資料やお問い合わせQ&A集、二次サポート提出資料などに活用できます。

F-RevoCRMレポート出力
 
webからの問い合わせを自動登録!

《Web2リード機能》
Webサイトのお問い合わせフォームで入力された内容をF-RevoCRMに取り込むことができます。
取り込まれたデータは、サポート依頼の他にも顧客担当者、顧客企業、見込み客、案件への自動登録が可能です。
※Web2リードは外部ツール連携のためオプション機能となります。

F-RevoCRM Web2リード
 

問い合せ管理に役立つF-RevoCRMの機能

見込み客管理
顧客管理
案件管理
予定・活動管理

関連コンテンツ

ページトップへ