[ニュースリリース]
シンキングリード株式会社
「大分発!バイオトイレのIoT化」
F-RevoCRMでバイオトイレの 遠隔管理を実現


平素よりF-RevoCRMをご利用いただきありがとうございます。

今回、株式会社ミカサとの共同開発により、F-RevoCRMでのバイオトイレの遠隔管理を実現しました。
バイオトイレは遠隔地などに設置することが多いため、想定外のトラブルが多く、メンテナンスに手間とコストがかかっていました。
そこで、バイオトイレに取り付けたデバイスから発信される情報を、F-RevoCRMで管理することで、
使用状況をリアルタイムに監視し、適切なタイミングでメンテナンスするという、IoTの仕組みを作りました。

開発に際して、ミカサの代表取締役社長 三笠大志氏にインタビューを行い、
バイオトイレのIoT化がミカサの事業に何をもたらしたか、F-RevoCRM導入の経緯や利点、さらに今後の展望などをお聞きしました。
インタビューの詳しい内容を下記に掲載しております。また、ホワイトペーパーでのダウンロードも行えます。
ぜひご一読ください。

インタビュー記事はこちら
ダウンロードはこちら