導入支援サービス

導入支援サービスとは?

業務改善とF-RevoCRMの両方に知見を持つ私たちシンキングリードが、お客様の業務目的を見据え、「効率的・効果的な運用」を「短期間で実現」できるように支援いたします。

導入支援サービスの流れ

運用設計打合せ 第1回目
CRM導入の目的・お客様の業務内容を確認させていただきます。
また、F-RevoCRMの基本的な構造を理解していただき、その上で現状の業務を整理し、データ構造を定義します。
運用設計打合せ 第2回目
顧客の情報や案件、営業などの顧客接点の活動など、定義したデータ構造に応じて、マネジメント上必要となる情報を、モジュールごとに項目として定義します。
お打合せ後、貴社向けのデモサイトを作成し、モジュールごとの項目をF-RevoCRM上に設定していきます。
運用設計打合せ 第3回目
F-RevoCRMに設定した項目を確認しながら運用ルールの設計を行います。
また、ユーザーの1日の業務の流れや現状のマネジメントの実態に合わせたCRMの運用の流れを定義します。
データインポート・環境構築
顧客情報や、案件情報など、既に社内にあるデータをF-RevoCRMの各モジュールに初期データとしてインポートします。
運用説明会
F-RevoCRMの基本的な操作方法や、運用を現場ユーザーが理解し、実践できるよう集合研修方式でトレーニングを行います。