2018年4月27日

オープンソースである「F-RevoCRM」は構築や活用も自由自在です


CRMに求められる「かたち」は様々です。情報を管理したいのは「toC」なのか、「toB」なのか。
顧客接点は「営業」主体なのか、「コンタクトセンター」なのか、「Web」なのか。
目的は「顧客満足度の向上」なのか、「業務効率化」なのか、「情報共有」なのか、「売上向上」なのか。
パッケージソフトはうまく汎用できないし、コストが高い。スクラッチ開発は開発労力が大変です。

オープンソースソフトウェアという選択肢があります。

自分たちの「やりたい事」が
F-RevoCRMで実現できるのか。
また実現した場合の費用が知りたい。
1

オープンソースソフトウェアであるF-RevoCRMは自由度が高く、様々な業種、業態、業務で活用が可能です。他システムとの連携も含め多くの実績があり、CRM以外の用途で活用する事も可能です。

他ツールとのコスト比較例

カスタマーサービスに相談する

自分たちでソースを
ダウンロードして構築したい。
設定やカスタマイズも行いたい。
2

もちろん可能です。必要な知識を得る為にトレーニングを受けたり、サポートを受ける事も可能です。

ソースダウンロード

使い方・インストール

設定方法

サービスメニュー

カスタマーサービスに相談する

面倒な作業はしたくない。
すべてお任せで、すぐに使いたい。
3

すでにクラウドにセットアップされたF-RevoCRMを活用すれば、直ぐに利用が開始できます。保守サポートもセットになっている為、安心して活用する事ができます。

サービスメニュー

カスタマーサービスに相談する

CRM以外の仕組みの開発も必要。
一括して開発の委託をお願いしたい。
4

可能です。F-Revoパートナーズは、ライセンスの販売を行う集まりではありません。それぞれに特化した技術を持ち、お客様の課題に併せユニットを組みサービスを提供しています。
例:)コンタクトセンターを立ち上げるので、CTIを導入してCRMとの連携も行いたい。スマホアプリの開発も必要。

F-Revoパートナーズ

カスタマーサービスに相談する

無料会員登録&ユーザーマニュアルはコチラ

ページトップへ