7faea0e4228c569a133d98f14d4a930d_m

現在、国内ではOSSのCRMを推進するプロジェクトはほぼ存在せず
海外OSSの有償版を再販するベンダーが数社小規模で事業を行っているのが現状です。
しかし今後は国内においても業務系アプリケーションをOSSを使って構築する事は
一般化していく可能性は高いと見込まれます。
ただし業務系OSSを普及して行く現状では様々な問題を抱えているのも事実です。

現状の問題点をパートナー制度で解決!

CRMなどの業務系のアプリケーションではコミュニティを立上げても盛りあらずに衰退してしまう。
[要因] エンタープライズ系IT企業の感度や、所属エンジニアの多重受け問題など
[解決] 個人ではなく、志の高い企業が集まることで、企業体参加型のコミュニティが形成できます
OSSの開発に協力してもマネタイズ方法がなく、完全に持ち出しになってしまうため企業の参加が非常に難しい。
[要因] OSS受益者のモラルなど
[解決] お問合せをきっかけとした受託開発を基本としながら、有償モジュールや、カスタマイズしたコードのシェア、情報共有、開発リソース共有を行うことで、提供コストを下げながらマネタイズしていきます
メガベンダーの圧倒的な広告予算に対してOSSのCRMの存在がそもそも認知してもらえない。
[要因] いわゆるエンドユーザ企業の情報感度
[解決] 小さいながらも「ゲリラ的」方法で、メディア対策やWeb施策によって、まずはCRM構築にOSSが活用できる事を認知してもらいます

F-Revoパートナーズ制度ができること

  1. F-RevoCRMのロゴ利用、掲載
  2. F-RevoCRM公式サイトでの企業紹介
  3. 独自ツールを使った、パートナー同士の情報交換
  4. 営業トピック、技術情報、案件発生時のリソースなど
  5. パートナー交流会の開催(年2回開催予定)
  6. F-RevoCRMの認知度向上施策

会費について

会費・・・年会費6万円

会費の支出予定
F-RevoCRM機能強化、コミュティ運営、交流会、パートナー様の知名度向上

是非、ご理解いただきたい事

F-RevoCRMはライセンスフリーであり、vTigerのローカライズやF-Revo化するにあたっての開発コストはすべて持ち出しで行っております。パートナー様がF-RevoCRMを提供されても、弊社にライセンス費用が入る訳ではございません。

F-Revoパーナーズの制度は、あくまでも共にF-RevoCRMを盛り上げ普及を目指すもので、弊社が運営いたしますが、原則イコールパートナーと考えております。

 

「パートナーになったのだから、バグフィックスや機能強化要望に対応せよ」

「バグがあったんで、直したよ!ヨロシク」や「こんな機能つくったよ」をともに共有していく場です。
今後、本会がうまく機能する様であれば、会費無償化も検討していきたいと思います。

ご登録方法

下記フォームよりお申込みください。

弊社で独自の審査を行った上で詳細をご連絡します。