さくらVPSにF-RevoCRMをインストール 後編


前回に続き、さくらVPSにF-RevoCRMをインストールします。

ブラウザからF-RevoCRMインストール

サーバーのIPアドレスから http://160.16.xxx.xxx/frevocrm/ のようにURLを作成し、ブラウザで開いてください。以下の画面が現れればOKです。

f:id:tr-crm:20150917093120p:plain

右下の インストール ボタン、さらにライセンス条項に 同意する ボタンを押して次のステップに進むと、PHPなどの環境を確認する画面が現れます。

f:id:tr-crm:20150917093134p:plain

とくに重要となるのは max_execution_time の設定です。F-RevoCRMのインストールには少々時間がかかりますが、この実行時間の上限が短いと、インストールが中断してしまう恐れがあります。必ず推奨設定の通り 600秒 よりも長く設定しておきましょう。

ほかにも mysqliGD などのモジュールは必要となりますので、正しくインストールされているか確認してください。PHPのバージョンが 5.5 以上の場合には php-xml モジュールを忘れずに入れておきましょう。現在サーバーに入っているPHPモジュールの一覧は、以下のコマンドで確認できます。

php -m

f:id:tr-crm:20150917093149p:plain

MySQLのホスト名は localhost、ユーザー名は root、パスワードは MySQLのrootパスワード、データベース名は frevocrm を入力します。

F-RevoCRM管理者ユーザーの情報は、ユーザー名とパスワードを忘れずにメモしておいてください。あとで管理画面へログインするのに必要となります。

f:id:tr-crm:20150917093203p:plain

入力した情報をもういちど確認します。間違いがなければ次へ進んでください。業種 を選んで、さらに次の画面へ進みます。

f:id:tr-crm:20150917100411p:plain

インストールには、しばらく時間がかかります。

f:id:tr-crm:20150917100445p:plain

インストールするCRMモジュールの選択画面が現れます。あとから無効化もできますので、ここではすべて選択しておきます。

f:id:tr-crm:20150917100456p:plain

開始するをクリックします。

f:id:tr-crm:20150917100529p:plain

お疲れ様でした! これで、さくらVPSへのF-RevoCRMインストールはすべて完了です。

f:id:tr-crm:20150917100538p:plain