見込み客の登録


F-RevoCRM基本操作シリーズ、今回は、顧客管理の「入り口」にあたる見込み客の登録がテーマです。こちらに登録したお客様が、のちに顧客へ昇格して、様々なモジュールと結びついていきます。

まず初めに、CRM上部のメニューから見込み客を選び、見込み客の追加ボタンをクリック。

01

将来的に顧客になると見込まれるお客様の情報を、氏名・会社名・連絡先・業界・見込み客ステータス・担当者……等々、なるべく詳細に入力していきます。

説明欄には、現在の営業状況などを書きます。今はまだお客様の時機が宜しくない場合など、時間を少々置いてから「掘り起こし」を行う必要がある際に、前回までの進捗を把握する為です。

02

入力後は、画面右下の保存ボタンをクリックします。

03

見込み客の登録が完了しました。こちらのデータを基本として、たとえば訪問の記録などを活動に入力したり、送受信した資料をドキュメントにアップロードしたり……といった使い方へ発展していきます。

見込み客は、たとえば問合わせフォームと連携して自動登録なども可能ですが、今回ご紹介した、手動での登録手順も覚えておくと便利です。